信州味噌・地酒・地ワイン・焼酎
横川商店
〒398-0002長野県大町市九日町4136
TEL0261-22-0133 
FAX0261-22-0503
営業時間AM8:30~PM8:30
定休日 水曜日
info@yokokawasyoten.jp
信州味噌・醤油の醸造元として代々地元で商いを続けております。味噌は私共の田んぼで、低農薬自家用米にて造り上げる「米こうじ」、県内有数の西山大豆を使用して手間隙かけ、静かな時が流れる築200年の味噌蔵の杉桶で「2年・3年・5年」の熟成を終え、大町の風土いっぱいの長期熟成味噌をお届けしています。また、地元大町、県内の蔵元様とのご縁を大切に、純米酒、吟醸酒、搾ったままの無濾過生原酒を中心に販売しております。私共ではご来店のお客様に少しでもお好みの味わいをお探しいただけますよう、試飲コーナーにて飲み頃のお酒をご用意させていただいてます。(運転手様はご遠慮下さいませ)

横川商店「幻の信州みそ」蔵出し

「北アルプス国際芸術祭」の当店の自慢の一品「幻の信州みそ」蔵出しでございます。何故「幻?」、当店は2013年より長らく続けていました味噌醸造をストップしています。悲しいことに醸造蔵の老朽化によるものです。それまでは昔に近いお味噌を再現したいと、「自然海塩・海の精」を使用し、味噌杜氏さんにお願をして仕込んでいただき、試行錯誤を続けてまいりました。自然のお塩は「熟成」に相当な時間がかかります。当店の味噌蔵は一切温度管理をしていない昔ながらの蔵でございます。大町の気候風土がゆっくりゆっくりと時間をかけて、約7年の熟成の後、信州みそを越える別物になりました。より上品で旨味のかたまりの様な味わいでございます。そのままお味噌汁にされるのでしたら、朝食よりも夕食向き、また市販されているお味噌に少し加えていただくとコクと香りが加わります。また田楽味噌にされて、お野菜などとご一緒に楽しまれるのもよろしいかと思います。大町の気候風土があるからこそ、このように熟成してくれた「幻の信州みそ」は、最初で最後、今回限りの蔵出しでございます。また同時に大町産の「青こしょう」で練り上げました「自家製こしょう味噌」にも、加えさせていただき、旨味とコクを出しています。数に限りがございますでお早い目にどうぞ。

北アルプス国際芸術祭2017開催

長野県の北西部、松本平の北に位置する大町市は、3,000m級の山々が連なる北アルプス山脈の麓に位置し、清冽な雪解け水と澄んだ空気、四季折々の景観に恵まれ、古くから塩の道千国街道の宿場町として栄えました。

「北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~」は、総合ディレクターに北川フラム氏を迎え、土地固有の生活文化を表現する「食」と、地域の魅力を再発見する「アート」の力によって、北アルプス山麓の地域資源を世界へ発信することを目指します。
(公式HPより)


哲ちゃんの南高梅頒布ご案内

今年も和歌山のnonkoの友人「哲っちゃん」よりお電話を頂戴し、南高梅を分けていただけるそうです。
出来は例年通りだそうですが、若干サイズが小さくなるようです。なので「Lサイズ」と言うことです。
nonkoとは30年以上のお付き合いの哲っちゃん、お嫁さんとは大学の同級生です。こんな哲っちゃんなのですが、本業は別にあり、南高梅は副業なのだと思います。なのでお商売は全くの素人!したがいまして「お約束」がございます。到着日や時間は一切指定できません。収穫情報はFBやHPや、ブログ「呑ん子の放浪記」でご案内させていただきます。
ご注文は必ずFAX(0261-22-0503)で、住所・ご連絡先をお願いします。確認のお電話を差し上げて完了です。今年もどうぞよろしくお願い致します。
●1㎏ 450円(5キロ単位でご注文下さいませ)
岳都信濃大町は、北アルプスからの美味しいお水が豊富な町です。是非お出かけ下さいませ。


大きな地図で見る

長野県大町市大町4136 横川商店
Tel:0261-22-0133 Fax:0261-22-0503